美貌にいいというけれど…

美肌のために、ネバネバディナーが効果的だとぐっすり言われます。

例えば、納豆やオクラ、モロヘイヤや山芋など。

も、あたしはなんとなくあのネバネバした歯ごたえが憎悪だ。フレーバー以前に、口の時や箸の仕事場で糸を引いておるイメージがイヤなのです。

嫌いだけれど、これがおスキンに相応しいならば…

といった、捨て身になって作ったのが、3色調ネバネバ丼だ。

山芋をすりおろして、オクラのみじん切りというひきわり納豆をトッピング。

風味オンに刻みのりをちらして、現に!

食べて掛かる間はひたすらスキンがテカテカになって行く皆さんを思い描きながら、鍛錬としていっぺんにかっこみました。

それにしても、最初にネバネバディナーを食べた方は、肝ったまがあるな思いました。

義うちから届いたナス

義マイホームの住居菜園でナスを収穫したという電話をいただきました。

「今日は麻婆茄子かなー?」としていたら、しばらくして義父露出。

持ってきたナスはわたしが予想していた量の3倍以上!

「今年は豊作でねー」と話していましたが、これだけたくさんのナスどうしよう?

こんな時はクックパッドアプリの露出!

ナスで検索していたら、かなりナスの冷凍保存計画が。

え?ナスって冷凍保存できるの?

方法は簡易。

ナスを適当ながたいに切って水にさらし、あくカットしたらペーパータオルで水をふき取って冷凍荷物に入れて冷凍庫へ。

これなら大量のナスも解放できそうですね。

ディナーに作った麻婆茄子はおいしかっただよー。

スキンケアにあたって

私のスキンケアは、美顔器物を用い行います。

30代下部なので、コスメティックスだけでは限界を感じるからです。

常々養育に追われてなかなかお忙しいときもありますが、お素肌を磨き、自慢がついて幸せな間を過ごすことができるようにしています。

また常々、お素肌を磨き地雷まで磨いていきたいだ。

オシャレも好きなので、母さんになってもオシャレで綺麗に生まれ変われるように身の回りがんばってます。

また、常々素敵な空論をもてるように、なんにでも興味を持ち、何にも挑戦していきたいですし、心に熱気をとりどり持てるようにしたいし、身の回り明るく努力しています。

ホットケーキの粉がある四六時中

アルティメットでホットケーキの粉が売り出しされてた場合、ふと複数買ってしまったのでこういう地点朝飯が連日ホットケーキだ。

当然連日食べてると飽きてきちゃいますね。

最近はホットケーキ生地につぶしたバナナを混ぜてバナナホットケーキにしたり、粉というオリーブオイルを混ぜて焼いて(砂糖という卵は入れません!)甘さ控え目のクッキーとして食べてたり決める。

クッキーはココアパウダーを混ぜてココアクッキーもおいしいんです!

もおいしくてふっと食べ過ぎちゃうからいまウェイトが…

久々にランニング続開してみようかな?

お取寄せがおかしいだ

お取寄せが好きで、日毎楽天市場をチェックしている。

“グッド”とか、“逸品”といったポリシーを入れて、支持ものをさがしている。

だんだんと年齢を重ねるにつれて、上質なケーキや食材を使いたいという機嫌が強くなりました。

チョコ一つでも1000円近くするのでビックリしますが、食べるってさすが美味しい〜!

今一何度も貰えませんが、毎月くらいはそういったやりがいがあってもいいですよね。

因みに、次のポリシーはザッハトルテだ!

ナイフで切れ目を入れたらトローっとチョコがあふれ出て来る模様、期待しています。

ああー今から楽しみです!

まつげも育つ!

身は、ちいさいケースから眉が淡くてまつ毛も短くて、アイメイクには苦労していました。

そういうなか、最近の慣習はまつ毛の美容液をぬることです。

身が使用しているものは2000円以内のもので、それほど有名なクリエイターではないのですが、ぬるといった塗らないでは至極ちがいます。

ひとたび、1雑誌1雑誌が分厚くなりました。

また、先ほどよりぬけることも少なくなります。

そうして…長さも頭数ミリ引き伸ばすことができました!

美容液を塗り関わるまえどんどんマスカラは塗り易くなったし、まつ毛の根元がつよくなったお陰様か、自然とカールもできているのでビューラーいらずになりました。

これからも続けて再び、元気なまつ毛にしたいだ。

近頃はまっていらっしゃるスウィーツ考察において

元々甘いものが大好きで、美味しいと評判のスイーツ屋氏を巡ったり、話題のコンビニスイーツを摂ることがホビーのようになっていらっしゃる。

甘いものを見たり食べたりすると幸せな気分になれるんですよね。

最近では貰うだけではなく、自分で作るともなりました。

甘味研究のチャレンジはなかったので、今はまだ簡単なクッキーやマドレーヌなどしか作れませんが、甘味を作っている瞬間がとってもおもしろいだ。

甘さを強くしたり遠のけたりという、自分なりに設定ができるのも嬉しいです。

間もなく一層凝った甘味も焼けるようになりたいので、楽しみながら甘味研究を続けていきたいと思います。

バイリンガルを志せ!

1年代2ヶ月になった小児。近年、何となくひとり言をいうようになった。

マミー、男子等のボキャブラリーに加え、バナナ、ドゥビドゥバ…等も発声するようになり、
何かしらもごもご話しているようになった。

マイホームの家柄はEnglishがしゃべれる人が多く、自分も意思疎通ができる階級には話せる。

小児にはぜひともバイリンガルになって下さいので、当や映像、Englishのテレビジョンテレビ局などに合わせて踊って見る。

但し、きちんと興味がない加減。

Englishには反応しないが、マラカスには神経質に反応する。

幼子の脳は3年代で80パーセンテージがまとまるそうだが、本当なのかな?

どちらにしろベビーの時期に望ましい刺激を与えることはいい事だと思うので、方法を変えながら続けてみようという。

野望、忍耐がないと難しそうだけど、小児の為なら働ける気がする!

最近はまっていること

料理のレパートリーを増やそうと思ってレシピをよく検索しています。
上手く作れるものがあれば、失敗するものもあります。たくさんの人が作って美味しいと書かれているのでこれは間違いないと思って味見もせずに作ってみたらものすごくしょっぱかったのです。そのような失敗もあって味見もするようになりました。
上手く作れるものはきちんとメモしてとってあります。作りすぎて飽きてしまうことがあるので程々に作らないといけないと感じています。
つい最近はあっさりしたものが食べたいと思っているので、さっぱり系が多いかもしれません。
きっと料理本などがあったら便利だと思いますが、そこまでは作らないかもしれないので買うことはありません。
ですがこの頃好きな方がいて、毎日のようにブログで更新して料理のレシピなんかも載っています。そのような人の本だったら欲しいと感じています。
例えばホームパーティーなどをやって誰にでも美味しいと思えるような料理がささっと出来たらいいなって感じています。
煮物などはいつも味が薄くなってしまうので、誰が食べても美味しいと思えるような味が出来たらいいなって思います。煮物は簡単に見えますけどきっと奥が深いレシピだと感じています。経験が味を重ねるというのかそのような雰囲気です。